「ダントツの発明力と知財力🄬」で、事業と経営を強力に支援  に導く

特許に記された最先端の知をヒントに、新たな技術とビジネ  アを生み出し、知財戦略を駆使した「100年続く事業」を創り出せる人材を育成します。

amazon起業家カテゴリーベストセラー1位獲得

弊社の提供サービス

弊社では、新規事業・研究開発テーマ創出の支援と、発明・知財の教育講座(eラーニング・動画)の2つのサービスを提供しています。

主に、大手メーカーを中心に「知財部門」「新規事業部門」「技術部門」の方に、ご利用いただいております。全てのサービスを完全オンラインで提供が可能です。ご都合に合わせ、オンラインと訪問を組み合わせるなど、皆様のミッションに最適なプランをご提案することも可能です。

個人の方も気軽に学習できるよう、クレジット決済も可能ですので是非ご利用ください。

あなたのミッションにあったサービスを
ご用意しております

知財部の方向け知財教育サービス

知財部の方

知財教育を担当されている方や、新規事業の支援をご担当されている知財部の方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

知財部の方向けサービス詳細はこちら
技術者の方向け知財・発明サービス

技術者の方

開発テーマ創出や米国の先端技術調査など、開発に特許情報を活用したい方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

技術者の方向け知財・発明サービスはこちら
新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービス

新規事業担当/企画部の方へ

新規事業担当の方、研究・開発テーマ創出を目指す方や、テーマ創出支援を行なっているご担当者様にご利 用いただいているサービス詳細はこちら

新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービスはこちら

御社には100年続けられる事業がありますか?

特許や知財に精通することは、画期的な研究や新規事業、そして「100年続く事業」につながると弊社は考えています。

ビジネスの本場である米国の特許や、埋もれがちなスタートアップの持つ最先端技術の特許を読み解くことができれば、新たな研究テーマや新規事業のヒント得ることができます。
さらに特許情報は新たな発明の創出だけでなく、コア技術と新市場を結び付ける「技術マーケティング」にも有用です。

また、発明とは「技術の価値を最大化する」ことであり、知財戦略はその核になります。
知財戦略や特許戦略の知識は、技術の実用化・事業化とマネタイズを考える上で欠かせません。

弊社は、新規事業創出の支援と発明・知財教育の二つのサービスを通じて、「100年続く事業」の創出と、それを達成する人材の育成を行っています。

特許は権利を守るだけのもの?
研究開発やマーケティングにも活用することが当たり前に

特許を権利を守るためだけに利用する時代は終わりました。 AppleやMicrosoftなどのクリエイティブな米国企業では研究開発や新規事業開発、M&Aの現場で必ず特許情報分析を行っています。

今や特許は、新規研究テーマの創出のヒントを見つける「テーマ探索」から、既存技術の新しい用途を見つける「用途探索」BtoBにおける顧客になりうる企業の調査、さらには技術を持つスタートアップや海外大学の技術調査事業提携先(アライアンス先)の技術調査と、幅広い分野においてツールとして広く活用されています。

特許情報を活用すれば新規テーマ探索、用途調査、顧客企業調査、最  調査、アライアンス先の技術調査が可能に

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の詳細を確認

実績

弊社はこれまで、様々な業界のトップ企業の、新規事業や知財戦略を支えてきました。
研究開発において確実に成果を出せる方法論を10年以上にわたり「発明塾🄬」で大学生・大学院生に指導するなどして、創業以来13年で蓄積した知見は、「企業内発明塾」や「e発明塾」となり、さらに日々進化を遂げています。

導入社数実績
弊社の詳しい実績

お客様の声

機械メーカー(東証一部上場)開発担当の方【企業内発明塾ご利用】

発明塾を通して、単純なアイデア発明ではなく社会課題を解決し、ますます勝つ仕組みになり、
市場を独占できる可能性のある案を
社内で提案することができました。
これも発明塾のシステムと楠浦先生のバイタリティのおかげだと感じています。

半年間の発明塾で学んだ事は多々ありましたが、特に以下の3点のおかげで独創的なアイデアが出せたと思っています。

①知財の読み方が変わる

今までの先行特許検索では、類似特許が見つからないように祈りながら行っており結果に一喜一憂していました。 
先行がなくても「網羅できていなのでは」と不安になることもありました。
発明塾の「エッジ特許」の考え方は、通常の特許の見方とは正反対の考え方で目から鱗でした。
「エッジ特許」の考え方では、最先端特許の発見方法や最先端と判断する方法、その特許の見落とし点を見つける方法などが学べます。
そのため根拠や確信をもって、不安を無くすことが出来ました。
さらに誰も気がついていない課題を見つける事ができました。 

②発明は証明問題という認識になる

発明塾を受講する前は、発明は思いつきや偶然で生まれるものと思っており、当初この意味が分かりませんでした。
しかし仮説検索などの発明塾独自の方法や仮説の立て方、検証方法のロジックなどを学ぶことで、
今まで思いつきで行ってきたアイデア立案が
証明問題を解くように体系的でロジカルに組立てることができる、と気づけた点は大きかったです。 

③適切なタイミングでのフィードバックが得られる

発明塾では、発明を行うには様々なフェーズがある事を学びました。
今自分がどのフェーズにいるのか判断してくださり迷子にならないように適切にアドバイス頂けました。
さらに教材の中には、迷子になった際の質問集(KSQ)などが用意されています。
タイミング良くフィードバック頂けることで受講期間内でも結果を出すことができました。 

最後に発明塾では、アイデア出しでありがちな「アイデアに賛同するだけ」「問題点を指摘するだけ」では終わりません。
どの様に発明を行えばよいか、楠浦先生方やメンバーとトコトン考えます。
発明の導き方やメンバーとの議論の重要性を今後の業務にも活かしていきたいと思います。
半年間と短い期間でしたが本当に有難うございました!

機械メーカー(東証一部上場)開発担当の方【企業内発明塾ご利用】

私が発明塾で学んだことは、「企画とはどういうことか?」ということです。

会社で年次が上になるほど要求されることですが、社内では誰がきちんと教えてくれるわけでもなく(教えられる人もそういるわけではなく)、また、社内外のセミナーなどの座学だけでレクチャーされてもその場限りで身につくことはありません。

発明塾では、自分の選んだテーマで、時間をかけて自分で真剣に考え悩みつつ指導を受け、企画を完成させることで、企画とは何かを体感することができました。

実際、会社で新規開発テーマ提案を昨年(独自で)と今年(発明塾の指導を受けて)行いましたが、今年の方が格段にレベルが上であることを実感しています。

その他のいただいた声はこちら

弊社メンバー

お知らせ

2021.08.26 特許化・事業化事例が続々!「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会(10月8日@オンライン開催)
2021.08.26 最新)セミナー・講演・説明会のご案内
2021.08.20 受講者が8350名を突破!強い特許をバリバリ生み出し、特許情報を使い倒せる体制をつくる!「オンライン知財・発明教育システム e発明塾」説明会(9月30日@オンライン開催)
2021.07.14 特許化・事業化事例が続々!「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会(8月26日@オンライン開催)
2021.07.12 「創造的なプロジェクト、会社を作るために」ランチェスター戦略 福永氏含む有識者との対談資料を公開
お知らせ一覧

最新コラム

記事一覧へ

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved